女性の中年太りにはホルモンが関係するの?

女性は更年期になると中年太りする人が多くなりますが、ホルモンも関係しているのでしょうか?

女性の場合、ホルモンバランスの崩れにより中年太りになることがあります。

更年期とは、生殖期から非生殖期への移行期間のことで、閉経前後5年間くらいのことを言います。年齢的には45歳から55歳くらいの期間で、個人差も大きく、人によって違ってきます。

卵巣の働きは、30歳頃をピークに徐々に衰えてきます。そして、その機能がストップすると、閉経となってしまい、だいたい50歳くらいで閉経するのが平均的です。更年期は、体が閉経後の数十年を生きていくための、準備期間だと言えます。

卵巣の働きが衰えると、卵巣から分泌される卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌量も減っていきます。

エストロゲンには、コレステロールを低く保ち、内臓脂肪がつきにくくする作用をしています。しかし、更年期になってエストロゲンの分泌が急激に減少すると、今までと同じような食事量を摂っていたとしても、脂質の代謝が低下してしまい、脂肪として蓄積されやすくなります。

さらに、加齢による筋力低下のため、基礎代謝も落ちるため、どうしても太りやすくなっていきます。

更年期に入っても、以前と同じ食生活、運動量であれば、どうしてもお腹周りから脂肪がつきやすくなってしまうのです。

ですから、更年期に入ったら、基礎代謝を上げるために適度な運動を始めるのがお勧めです。無理なくできるのが、毎日のウォーキングです。また、食生活の改善を行うことで、中年太りを防ぐことができます。