中年太りは腹八分で予防?

中年太りを予防するにはどうすればよいでしょうか?

運動など色々ダイエット方法はありますが、簡単なのが腹八分の食事にすることです。

昔から、腹八分は医者いらずと言われてきたように、腹八分の食事は健康にもとても良いのです。

中年太りになってしまっている人は、カロリー摂取量が多すぎて、加齢による基礎代謝量の低下などで消費しきれず余ってしまい脂肪となってしまうのですから、結局カロリーオーバーしていることになります。

毎日3食お腹いっぱいになるまで食べて、しかも早食いで、運動もほとんどしない、そういう生活をしていたら、中年太りになってしまうのは避けられません。もう少し食べられるかなというくらいでやめておく、腹八分目で食事を終わりにしましょう。

しかし、腹八分目は、実際にやってみると意外と難しいものです。特に早食いの人は満腹感を得にくいため、ついついたくさん食べてしまいます。

では、どうすれば腹八分目を実行できるのでしょうか?

まずは、早食いをやめることです。太っている人は早食いの人が多いですが、食べるのが早いと満腹中枢が働く前にたくさん食べてしまうことになります。満腹中枢が働くのは、食べ始めて約20分後と言われていますので、最低でも決めた量については20分以上はかけて食べる必要があります。家族と一緒に食事する時などは、会話をしながらゆっくり噛みながら食べる等の工夫をするとよいでしょう。

まずは野菜やスープ、煮物などカロリーの低いものから食べ始め、空腹感を少し落ちつけてから主食やごはんなどを食べましょう。

また、食事の前に、水や牛乳、豆乳などをコップ1杯飲むというのも、食欲を抑える効果があります。

血行不良で中年太りに?

血行不良が中年太りの原因になっていることがあるのでしょうか?

血行が悪いとどうしても新陳代謝が上がりませんし、老廃物が体内に蓄積しやすく太りやすい体質になってしまいます。冷え性やむくみが気になる人は、血行不良が原因で中年太りになっている可能性が高いです。

そのため、血行不良を改善することが、中年太り対策には不可欠です。

では、どうやって血行不良を改善すればよいのでしょうか?

最も効果的なのがストレッチと言われています。中でも股関節回りが特に有効です。特に女性は、骨盤内の血流が滞りやすいため、股関節のストレッチをすることで血行不良を改善することができます。ストレッチで、普段あまり使わない筋肉を伸ばしてあげると、そこを巡る血管がマッサージされ、血の巡りが良くなります。

他には、ウォーキングやジョギングなども血行不良改善に有効です。

また、血行不良を解消するには、食べ物にも気を付ける必要があります。冷たい物ばかり食べると体を冷やしますので、できるだけ温かい飲み物や食べ物を口にするよう心がけましょう。最近では何かと話題の、ショウガも体を温めるのに良い食材ですので積極的に摂りましょう。

血行不良が続くと、セルライトができやすくなります。セルライトは脂肪の塊ですが、なかなか落とすのが難しいため、注意が必要です。セルライトは食事制限のみのダイエットではなかなか消えません。それより血行不良を改善する、ストレッチやマッサージ、ウォーキングなどが効果的です。

このように血行不良改善を心がけることでも中年太りを解消することにつながります。

晩酌が中年太りの原因に?

毎晩のように晩酌をするという人も多いかと思いますが、晩酌が中年太りの原因になるのでしょうか?

毎日晩酌の習慣がある人は、それで中年太りになる可能性があります。

適量のお酒を飲むくらいなら、そこまで太る原因にはなりません。しかし、お酒のカロリーは含まれるアルコールの割合に比例しますので、アルコール度数の高いものはカロリーも高くなります。

「お酒で太るのは、一緒についついつまみを食べるからだ」とはよく聞きますが、そうとも限らないようです。アルコール自体にカロリーがあるので、当然飲み過ぎるとカロリー摂取が増えて太ります。

また、アルコールは肝臓で分解されますが、普段はアルコールの他にも脂肪などの分解もしています。しかし、お酒を飲むと、まずはアルコールを分解してから脂肪を分解するとう順番になってしまい、アルコールが分解される間は脂肪燃焼ができなくなり脂肪が蓄積されるということになります。

さらに、アルコールを代謝するためには、体の中のビタミン類がたくさん消費されます。ビタミンが不足してくると、体がビタミンを摂取しようと脳にもっと食べるようにと指示が出てしまい、食欲が増進することになります。

アルコールを飲む時には、適量を心がけること、また、つまみとして食べるものにも気を付けることが必要です。つまみ類は、塩分が多かったり、カロリーが高いものが多い傾向があるので、いくら3度の食事に気を使っても、つまみでカロリーを取り過ぎると太りやすくなります。つまみは食べないとか、枝豆や豆腐などヘルシーなものに工夫するだけでも随分違ってきます。

中年太りする人としない人の差は?

中年太りする人と、年をとっても相変わらずスリムな人の差は一体何でしょうか?

若い頃はスリムだったのに、年齢を重ねると急にお腹ぽっこり、いわゆる中年太りしている人が多い中、年齢を重ねて逆にスリムになったり体型を維持している人もいます。

中年太りの原因は、加齢とともに低下する基礎代謝、若い頃と同じ食事量、年々活動量が減る、の3つになります。

基礎代謝が年々低下するのは、老化現象で自然のなりゆきですが、食事量と活動量については本人の努力次第で改善することができます。

つまり、中年太りしない人は、食事量をコントロールしたり、しっかり運動ができている人ということになります。

若い頃は、たくさん食べても、運動不足になっても太りにくいですし、体重が増えたとしてもちょっとダイエットすれば元に戻ったりします。なので、そこまで真剣に考えていない人がほとんどです。

若い頃には、暴飲暴食しない限りは太ることはほとんどありませんが、中年になったら、食事量だけに気をつけていても太っていきやすいのです。そして、いきなり運動をしたとしても、なかなか元に戻りません。

中年太りしない人は、若い頃からずっと運動を続けてきた人です。中年太りを避けるには、若い頃から運動を継続して筋力をつけ、基礎代謝の低下を防ぐことが大切です。

若い頃に運動しておらず中年太りになったという人は、太ってから運動したのではすぐに効果は出ませんが、時間はかかりますが継続して筋力をつけていくことが大切です。

30代半ばくらいから急に太りだした、中年太りででしょうか?

若い頃と何にも変わらないような生活をしているつもりが、30代も半ばになってくると急にお腹周りに肉がついてきたりしたという人も少なくありません。これは、中年太りなのでしょうか?

人間は年齢とともに基礎代謝が低下して、太りやすい状態になるのが自然です。

食事も生活スタイルも変わらないのに太ってくるのは、中年太りが始まったということなのです。

人は年齢を重ねると、老化現象として筋肉量が落ちていきます。筋肉が落ちることによって、それを維持するエネルギーも少なくてすむため、基礎代謝量も低下してしまいます。

基礎代謝とは人が生きる上で最低限必要なエネルギーで、体を横にして全く動かさない状態でも、心臓を動かしたり呼吸したり、体温を保ったりと生命活動を維持するためのエネルギーのことです。基礎代謝は、成人男性で1日に約1200~1600kcal、女性で1000~1300kcal程度と言われています。

人が使うエネルギーには、基礎代謝の他に、運動で消費するエネルギー、そして食事で消費されるエネルギーがあります。運動で消費するエネルギーは全体のわずか20~30%、食事で使われるエネルギーは10%にしか過ぎず、残りの60~70%が基礎代謝で消費されているのです。

ほとんどのエネルギーは、基礎代謝で消費されているので、年齢によりこの基礎代謝が落ちてしまうと、体に大きく影響を与えるということなのです。

男性を例に挙げると、20歳前には1日に1500kcalくらいの基礎代謝量が、50歳くらいになると1400kcalくらいにまで落ちてしまいます。

そのため、年齢を重ねても若い頃と同じようなカロリー摂取をしていると、カロリーが余ってしまい、中年太りしてしまうのです。

中年太りに向く運動は?

中年太りを改善するのに向いている運動は何でしょうか?

一番手軽なのが、ウォーキングです。ウォーキングなら、自分の好きな時間に、マイペースでできますし、例えば駐車場で車を少し離れた所に停めて長く歩く、一駅分だけ早く下車して長く歩くなど、誰でも普段の生活に取り入れやすい運動になります。しかも、お金もかかりません。

しかし、ウォーキングをやっていても、いまひとつ効果がないと感じている方も多いのではないでしょうか?

そんな人にオススメなのが、スロージョギングです。2009年にはNHKのためしてガッテンでも紹介されたダイエットです。

中年になってジョギングをするのはきついと感じられる方でも、遅筋を使う走り方のため、疲れることなく継続しやすい運動と言えます。

スロージョギングとは、その名の通り「ゆっくり走る」ことです。ジョギングとはいえ、地面を蹴って走るのではなく、足の裏で地面をなぞるように超ゆっくり走ります。基本的にお喋りしながらでも息が上がらない程度のペースで走ります。

スロージョギングは、1日30分間走ります。ただし、一度に30分走らないといけないわけではなく、1日2回15分づつ、または1日3回10分づつでも構いません。

スロージョギングでは、通常のウォーキングの約1.6倍のカロリーを消費することができると言われています。そして、毛細血管が増えて糖や脂肪を効率よく消費することができ、血糖値やコレステロール値を低下させ、メタボ改善に役立ちます。

すらっと宣言

山本リンダさんや熊田曜子さんのCMでもおなじみの「すらっと宣言」は、2009年~2012年度まで4年連続モンドセレクション受賞、毎日スッキリ爽快を叶えてくれるサプリメントです。

お腹ポッコリをなんとかしたい方、美と健康の両方を目指したい方、食べるのが大好きな方、若々しくいたい方、毎日食べた物を自然にスッキリさせたい方、お腹をこわしたりクセになる便秘薬には頼りたくない方、お腹が張る方、などにオススメです。

すらっと宣言には、厳選された7つの茶葉(キャンドルブッシュ、グァバ葉、柿の葉、杜仲茶、ルイボス、プーアール葉、ドクダミ)が黄金比でブレンドされ、食べた物を毎日すっきり自然な形で排泄するのをサポートします。

キャンドルブッシュには、生キャベツの約20倍もの食物繊維が含まれ、ビタミンやミネラル、リン、鉄分もバランスよく含まれています。グァバ葉にはビタミンB群やポリフェノール、葉酸が、柿の葉にはビタミンCやポリフェノール、ミネラルが豊富に含まれます。杜仲茶には食物繊維・ビタミン・カルシウム・鉄分が、ルイボスにはミネラルが豊富に含まれます。プーアール葉には脂肪や糖分の吸収を抑制し、余分な脂肪分にアプローチする働きがあります。そして、ドクダミには老廃物の排泄の働きがあり健康茶として有名です。

このように現代人に不足しがちな、ビタミンやミネラルが豊富に含まれ、健康をサポートします。

毎朝快調でぽっこりお腹を解消、不要な老廃物をスッキリ排泄することで美肌効果も期待できます。

ベジーデル酵素粒

モデルさんの間でも大人気の48時間ダイエットでおなじみ「断食酵素液ベジーデル」が、ソフトカプセル状の「ベジーデル酵素粒」に生まれ変わりました。1日3粒で痩せやすい体質へと導きます。

粒なので、酵素液が苦手という方にも飲みやすく、続けやすく、さらに酵素液と併用するとより効果を実感しやすくなります。

酵素液のみの2日間ダイエットをしたAグループと、酵素粒を併用してダイエットしたBグループで比較実験をしたところ、Aグループは平均-2.2kg減に対し、Bグループでは平均-4.5kgの減量に成功したことが確認されています。

日本人は古くから発酵食品を上手に食生活に取り入れ、健康を維持してきました。しかし現代は食生活が欧米化し、脂肪分が多い食事になったり、インスタントや冷凍食品などの摂取が増え、野菜や果物などの摂取が減り、酵素が不足しがちになっています。しかも、体内の酵素は加齢やストレス、喫煙などとともに減ってしまい、基礎代謝が落ちて太りやすくなったり、健康を害してしまいます。

ベジーデル酵素粒には、野菜や果物など106種類もの天然素材を水を一切使わずに濃縮、沖縄産黒糖のみで仕込まれています。

ベジーデル酵素液の断食ダイエットの効果をよりアップさせたい方、酵素不足を補い健康的な生活をしたい方、便秘がちな方、基礎代謝を上げて痩せやすい体質になりたい方、ダイエットと健康を両立したい方、何だか体がだるくて元気が出ない方、お肌をキレイにしたい方、などにオススメです。

フォースコリー

南海キャンディーズの山ちゃん、ハイキングウォーキングのQちゃんのCMでお馴染みのDHCの「フォースコリー」とは、一体どういうサプリメントなのでしょうか?

フォースコリーは、南アジアに自生するシソ科のコレウスフォルスコリの根から抽出されたエキスに、ビタミンB1、B2、B6が配合されたサプリメントです。コレウスフォルスコリは、古くからインドの伝統医学アーユルヴェーダでも用いらており、アデノシン-リン酸を増加させ交感神経の働きを活性化させ、細胞内の代謝を活発にする働きがあります。カロリー消費量を増やすことで、体脂肪を減少させます。

メリハリボディになりたい方、リバウンドしたくない方、食べるのを我慢せずダイエットしたい方、運動しているのになかなかダイエット効果がない方、などにお勧めの除脂肪体重に着目した燃焼系サプリメントです。

フォースコリーは、1日に2~4粒飲むのが推奨されていますが、食前に1粒づつ分けて飲むのが理想的です。分けて飲むことで、有効成分フォルスコリンが常に体内にある状態をキープし、より効果を高めます。

また、運動と組み合わせて飲むことが理想的とされています。なるべく歩くようにするとか、家事の動作を大きくするといった小さな心がけだけでも、大きな変化が期待できそうです。

ただし、過剰摂取するとお腹がゆるくなったという口コミもちらほら見かけますので、まずは2粒くらいから始めて体調を見ながら量を調節するのが良いようです。

カロリーガード

シナモン生まれの健康家族の「カロリーガード」は、食べたい人の救世主、普段の食生活やダイエット中のカロリーコントロールをサポートしてくれるサプリメントです。

甘いものや脂っこい食事が好きな方、ダイエト中の方、カロリーを抑えたいのに付き合いで外食が多くなってしまう方、生活習慣が気になる方、食べるのを我慢できない方、空腹感を抑えたい方、などにオススメです。

カロリーガードは、たった3粒で、食べたものをなかったことにしてくれる夢のようなサプリです。食前に飲むだけでOKなので、ダイエットに挫折することもありません。

アメリカをはじめ、世界中で注目されている話題の成分「シナモン抽出物」に、国産キトサン、生コーヒー豆エキス、ギムネマ、ガルシニアを配合、5つの成分がカロリーコントロールをサポートします。

今話題となっているシナモン抽出物は、糖質に働きかけ、めぐりにアプローチ、体を健やかに保ちます。

キトサンは、カニやエビから摂れる動物性の食物繊維で、余分なコレステロールや脂質に働きかけます。

生コーヒー豆エキスには、ポリフェノールが含まれますが、中でも香り成分の「クロゲン酸」は余分な糖質に働きかける成分として注目されています。

植物の葉から抽出されたギムネマは、余分な糖質(炭水化物)に働きかけると言われています。

そして、ガルシニアは、植物の果皮から抽出された成分で、脂肪合成や空腹感をコントロールします。

おいしい時間を我慢せず最後まであきらめずダイエットしたい方に是非お勧めのサプリメントです。