月別アーカイブ: 2013年7月

何もしなければ中年太りになるの?

何も努力しなければ、必ず中年太りになってしまうのでしょうか?

中年太りの最大の原因は、加齢による基礎代謝の低下、また女性の場合は卵巣機能の低下によるエストロゲン分泌の減少になります。つまり、加齢とともに体の機能が衰えることが原因ですので、当然、何もしなければ、確実に太りやすくなってしまう、これは自然のなりゆきなのです。

中年太りは老化現象の一つだと考えてよいわけです。

中年太りしていない人と、している人の差は、やはり努力しているかどうかになるでしょう。中年になってもスリムな体型を保っている人は、それなりに努力している人です。しかし、それを努力とみなすわけではなく、若い頃から、適度に運動していたり、暴飲暴食をせず、お菓子や脂肪分の多い食事を摂らない、薄味の食事を心がけている等、適度な運動とバランスの良い食生活を続けている人は、何も中年になって急に努力せずとも中年太りに悩まされるようなことはないでしょう。若い頃から運動を習慣づけている人は、筋力の低下もゆるやかなので、基礎代謝の低下も急激ではなく、中年になったからといっていきなり太るようなことはないでしょう。

中年太りになってしまったら、そこから努力するしかありませんが、できれば若い内からキレイに年齢を重ねることを考えて、バランスのよい食生活と運動を続けておきたいものです。それは健康維持にもつながります。毎日の食生活と運動が体に影響するのですから、日々の心がけ次第となります。

女性の中年太りにはホルモンが関係するの?

女性は更年期になると中年太りする人が多くなりますが、ホルモンも関係しているのでしょうか?

女性の場合、ホルモンバランスの崩れにより中年太りになることがあります。

更年期とは、生殖期から非生殖期への移行期間のことで、閉経前後5年間くらいのことを言います。年齢的には45歳から55歳くらいの期間で、個人差も大きく、人によって違ってきます。

卵巣の働きは、30歳頃をピークに徐々に衰えてきます。そして、その機能がストップすると、閉経となってしまい、だいたい50歳くらいで閉経するのが平均的です。更年期は、体が閉経後の数十年を生きていくための、準備期間だと言えます。

卵巣の働きが衰えると、卵巣から分泌される卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌量も減っていきます。

エストロゲンには、コレステロールを低く保ち、内臓脂肪がつきにくくする作用をしています。しかし、更年期になってエストロゲンの分泌が急激に減少すると、今までと同じような食事量を摂っていたとしても、脂質の代謝が低下してしまい、脂肪として蓄積されやすくなります。

さらに、加齢による筋力低下のため、基礎代謝も落ちるため、どうしても太りやすくなっていきます。

更年期に入っても、以前と同じ食生活、運動量であれば、どうしてもお腹周りから脂肪がつきやすくなってしまうのです。

ですから、更年期に入ったら、基礎代謝を上げるために適度な運動を始めるのがお勧めです。無理なくできるのが、毎日のウォーキングです。また、食生活の改善を行うことで、中年太りを防ぐことができます。

中年太り、なぜお腹周りに肉がつくのか?

中年太りというと、お腹周りに贅肉が付くのが代表的ですが、なぜ、お腹周り肉がつきやすいのでしょうか?

太ってきたら肉がつきやすい場所は人によっても違いますが、だいたいはお腹周りに肉がつき始める人が多いようです。

内臓脂肪とはよく聞きますが、内臓脂肪は腹筋の内側につく脂肪のことです。ホルモンの関係により女性より男性の方が、内臓脂肪がつきやすいという傾向があるようです。なので、男性の中年太りというと、お腹ぽっこりになってきてしまうのです。

また、腹筋が弱いと、内臓を支えきれず下腹がせり出してきやすくなります。太っていても、お腹が出ていない人と出ている人の差は、腹筋の筋力の差です。脂肪が蓄積されたお腹でも、腹筋力があれば支えることができるため、腹筋があるかないかは重要となってきます。

内臓脂肪の脂肪は、皮下脂肪型の肥満つまり下半身デブと比べると、落としやすい傾向があります。運動をすれば、内臓脂肪は皮下脂肪よりもエネルギー変換率が高いため、本気になれば誰でも改善することができます。

内臓脂肪は、1日30分のウォーキングを週6日行うことが効果的だという研究結果があるようです。また、腹筋運動を行い、筋肉量の低下を避けることも効果的です。

早足でのウォーキングや腹筋運動は有酸素運動になりますので、体の基礎代謝を上げる効果があり、脂肪が燃焼しやすい体質に変わっていきます。

しかし、あまり無理し過ぎると長続きしないので、自分に合ったレベルの運動を少しづつ始めることが大切です。

中年太りにも黒酢が効果的?

黒酢がダイエットに良いとよく聞く話ですが、中年太りにも効果的なのでしょうか?

中高年になってくると、若い頃と同じような食生活をしているつもりでも、徐々に太ってきたと悩む人も増えてきます。中年太りの原因は加齢による基礎代謝の低下が原因です。

お酢は、アミノ酸などを豊富に含み、代謝アップの働きがあります。中年太りの原因に働きかけてくれるのです。

特に黒酢は、アミノ酸含有量が米酢の数十倍と、健康効果が高いため注目を集めてきました。

また、脂肪分解の働きをする酵素リパーゼを活性化させるため、有酸素運動前にお酢を飲むと、効率よく脂肪を燃焼させることが期待できます。

さらに、悪玉コレステロールを分解する作用もありますし、腸の運動を活発にすることで、便秘解消にも役立ちます。

他にも、血液循環を良くして冷え性を改善したり、血糖値の急上昇を抑えたり、カルシウムの吸収率をアップさせる、美肌効果など、女性にとって嬉しい効果が数多くある成分です。

黒酢は毎日欠かさず飲み続けることで効果が発揮されます。しかし、お酢は刺激が強いため、空腹時に飲んでしまうと胃を悪くする恐れがあります。空腹時を避け、ジュースや水などで割って、一日に30mlを2~3回に分けて飲むのがお勧めです。特に食後に飲むのがお勧めです。

また、最近は黒酢サプリメントもたくさん販売されているので、お酢を飲むのが苦手という方は、サプリメントを取り入れるとよいでしょう。胃が弱いという方も、サプリメントの方が負担がかかりません。

中年太りは腹八分で予防?

中年太りを予防するにはどうすればよいでしょうか?

運動など色々ダイエット方法はありますが、簡単なのが腹八分の食事にすることです。

昔から、腹八分は医者いらずと言われてきたように、腹八分の食事は健康にもとても良いのです。

中年太りになってしまっている人は、カロリー摂取量が多すぎて、加齢による基礎代謝量の低下などで消費しきれず余ってしまい脂肪となってしまうのですから、結局カロリーオーバーしていることになります。

毎日3食お腹いっぱいになるまで食べて、しかも早食いで、運動もほとんどしない、そういう生活をしていたら、中年太りになってしまうのは避けられません。もう少し食べられるかなというくらいでやめておく、腹八分目で食事を終わりにしましょう。

しかし、腹八分目は、実際にやってみると意外と難しいものです。特に早食いの人は満腹感を得にくいため、ついついたくさん食べてしまいます。

では、どうすれば腹八分目を実行できるのでしょうか?

まずは、早食いをやめることです。太っている人は早食いの人が多いですが、食べるのが早いと満腹中枢が働く前にたくさん食べてしまうことになります。満腹中枢が働くのは、食べ始めて約20分後と言われていますので、最低でも決めた量については20分以上はかけて食べる必要があります。家族と一緒に食事する時などは、会話をしながらゆっくり噛みながら食べる等の工夫をするとよいでしょう。

まずは野菜やスープ、煮物などカロリーの低いものから食べ始め、空腹感を少し落ちつけてから主食やごはんなどを食べましょう。

また、食事の前に、水や牛乳、豆乳などをコップ1杯飲むというのも、食欲を抑える効果があります。

血行不良で中年太りに?

血行不良が中年太りの原因になっていることがあるのでしょうか?

血行が悪いとどうしても新陳代謝が上がりませんし、老廃物が体内に蓄積しやすく太りやすい体質になってしまいます。冷え性やむくみが気になる人は、血行不良が原因で中年太りになっている可能性が高いです。

そのため、血行不良を改善することが、中年太り対策には不可欠です。

では、どうやって血行不良を改善すればよいのでしょうか?

最も効果的なのがストレッチと言われています。中でも股関節回りが特に有効です。特に女性は、骨盤内の血流が滞りやすいため、股関節のストレッチをすることで血行不良を改善することができます。ストレッチで、普段あまり使わない筋肉を伸ばしてあげると、そこを巡る血管がマッサージされ、血の巡りが良くなります。

他には、ウォーキングやジョギングなども血行不良改善に有効です。

また、血行不良を解消するには、食べ物にも気を付ける必要があります。冷たい物ばかり食べると体を冷やしますので、できるだけ温かい飲み物や食べ物を口にするよう心がけましょう。最近では何かと話題の、ショウガも体を温めるのに良い食材ですので積極的に摂りましょう。

血行不良が続くと、セルライトができやすくなります。セルライトは脂肪の塊ですが、なかなか落とすのが難しいため、注意が必要です。セルライトは食事制限のみのダイエットではなかなか消えません。それより血行不良を改善する、ストレッチやマッサージ、ウォーキングなどが効果的です。

このように血行不良改善を心がけることでも中年太りを解消することにつながります。

晩酌が中年太りの原因に?

毎晩のように晩酌をするという人も多いかと思いますが、晩酌が中年太りの原因になるのでしょうか?

毎日晩酌の習慣がある人は、それで中年太りになる可能性があります。

適量のお酒を飲むくらいなら、そこまで太る原因にはなりません。しかし、お酒のカロリーは含まれるアルコールの割合に比例しますので、アルコール度数の高いものはカロリーも高くなります。

「お酒で太るのは、一緒についついつまみを食べるからだ」とはよく聞きますが、そうとも限らないようです。アルコール自体にカロリーがあるので、当然飲み過ぎるとカロリー摂取が増えて太ります。

また、アルコールは肝臓で分解されますが、普段はアルコールの他にも脂肪などの分解もしています。しかし、お酒を飲むと、まずはアルコールを分解してから脂肪を分解するとう順番になってしまい、アルコールが分解される間は脂肪燃焼ができなくなり脂肪が蓄積されるということになります。

さらに、アルコールを代謝するためには、体の中のビタミン類がたくさん消費されます。ビタミンが不足してくると、体がビタミンを摂取しようと脳にもっと食べるようにと指示が出てしまい、食欲が増進することになります。

アルコールを飲む時には、適量を心がけること、また、つまみとして食べるものにも気を付けることが必要です。つまみ類は、塩分が多かったり、カロリーが高いものが多い傾向があるので、いくら3度の食事に気を使っても、つまみでカロリーを取り過ぎると太りやすくなります。つまみは食べないとか、枝豆や豆腐などヘルシーなものに工夫するだけでも随分違ってきます。

中年太りする人としない人の差は?

中年太りする人と、年をとっても相変わらずスリムな人の差は一体何でしょうか?

若い頃はスリムだったのに、年齢を重ねると急にお腹ぽっこり、いわゆる中年太りしている人が多い中、年齢を重ねて逆にスリムになったり体型を維持している人もいます。

中年太りの原因は、加齢とともに低下する基礎代謝、若い頃と同じ食事量、年々活動量が減る、の3つになります。

基礎代謝が年々低下するのは、老化現象で自然のなりゆきですが、食事量と活動量については本人の努力次第で改善することができます。

つまり、中年太りしない人は、食事量をコントロールしたり、しっかり運動ができている人ということになります。

若い頃は、たくさん食べても、運動不足になっても太りにくいですし、体重が増えたとしてもちょっとダイエットすれば元に戻ったりします。なので、そこまで真剣に考えていない人がほとんどです。

若い頃には、暴飲暴食しない限りは太ることはほとんどありませんが、中年になったら、食事量だけに気をつけていても太っていきやすいのです。そして、いきなり運動をしたとしても、なかなか元に戻りません。

中年太りしない人は、若い頃からずっと運動を続けてきた人です。中年太りを避けるには、若い頃から運動を継続して筋力をつけ、基礎代謝の低下を防ぐことが大切です。

若い頃に運動しておらず中年太りになったという人は、太ってから運動したのではすぐに効果は出ませんが、時間はかかりますが継続して筋力をつけていくことが大切です。

30代半ばくらいから急に太りだした、中年太りででしょうか?

若い頃と何にも変わらないような生活をしているつもりが、30代も半ばになってくると急にお腹周りに肉がついてきたりしたという人も少なくありません。これは、中年太りなのでしょうか?

人間は年齢とともに基礎代謝が低下して、太りやすい状態になるのが自然です。

食事も生活スタイルも変わらないのに太ってくるのは、中年太りが始まったということなのです。

人は年齢を重ねると、老化現象として筋肉量が落ちていきます。筋肉が落ちることによって、それを維持するエネルギーも少なくてすむため、基礎代謝量も低下してしまいます。

基礎代謝とは人が生きる上で最低限必要なエネルギーで、体を横にして全く動かさない状態でも、心臓を動かしたり呼吸したり、体温を保ったりと生命活動を維持するためのエネルギーのことです。基礎代謝は、成人男性で1日に約1200~1600kcal、女性で1000~1300kcal程度と言われています。

人が使うエネルギーには、基礎代謝の他に、運動で消費するエネルギー、そして食事で消費されるエネルギーがあります。運動で消費するエネルギーは全体のわずか20~30%、食事で使われるエネルギーは10%にしか過ぎず、残りの60~70%が基礎代謝で消費されているのです。

ほとんどのエネルギーは、基礎代謝で消費されているので、年齢によりこの基礎代謝が落ちてしまうと、体に大きく影響を与えるということなのです。

男性を例に挙げると、20歳前には1日に1500kcalくらいの基礎代謝量が、50歳くらいになると1400kcalくらいにまで落ちてしまいます。

そのため、年齢を重ねても若い頃と同じようなカロリー摂取をしていると、カロリーが余ってしまい、中年太りしてしまうのです。

中年太りに向く運動は?

中年太りを改善するのに向いている運動は何でしょうか?

一番手軽なのが、ウォーキングです。ウォーキングなら、自分の好きな時間に、マイペースでできますし、例えば駐車場で車を少し離れた所に停めて長く歩く、一駅分だけ早く下車して長く歩くなど、誰でも普段の生活に取り入れやすい運動になります。しかも、お金もかかりません。

しかし、ウォーキングをやっていても、いまひとつ効果がないと感じている方も多いのではないでしょうか?

そんな人にオススメなのが、スロージョギングです。2009年にはNHKのためしてガッテンでも紹介されたダイエットです。

中年になってジョギングをするのはきついと感じられる方でも、遅筋を使う走り方のため、疲れることなく継続しやすい運動と言えます。

スロージョギングとは、その名の通り「ゆっくり走る」ことです。ジョギングとはいえ、地面を蹴って走るのではなく、足の裏で地面をなぞるように超ゆっくり走ります。基本的にお喋りしながらでも息が上がらない程度のペースで走ります。

スロージョギングは、1日30分間走ります。ただし、一度に30分走らないといけないわけではなく、1日2回15分づつ、または1日3回10分づつでも構いません。

スロージョギングでは、通常のウォーキングの約1.6倍のカロリーを消費することができると言われています。そして、毛細血管が増えて糖や脂肪を効率よく消費することができ、血糖値やコレステロール値を低下させ、メタボ改善に役立ちます。